忍者ブログ
香川県高松市の HARI salon & studio MOISA の院長のブログです。タイトル通り、毒を吐くことも結構あるかも…?
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


出会いはちょうど1週間前の木曜日。
たまたま休みだったダンナといつものようにDAIKIでペットを見ていた。
外のケージに入っていた柴。
30000円の値札がついていた。

ダンナが近づくとはじめ、うーっとうなり、
その後おとなしく上目づかいになってペロペロしてきた。

そのいじらしい姿に、二人ともその子のことが忘れられなくなってしまった。
半分冗談で「明日連れに行くか」猫たちに「お前たちがこんなにくつろいでいられるのも
今日だけなんだよー」なんて。

次の日になってもまだ気になっていた。
なぜあんなに安いのかわからないけれど、値段的にも買えないことはない。
今まで動物をお金で買うことは絶対にしないと思ってきた私だったけれど、
これも「出会い」。
あの子が気になってしまったのだから、それはそれでありなのかも、と思ってしまった。


結局お互い気持ちが一致してまだおったら買おうか、という話になってしまった。


土曜日。
もちろんまだいたのだけど、あれ?
なんだかすごーーーく元気。
こないだのおとなしい、ちょっとかわいそうな感じは?

二人の心に疑問がよぎった。

「この子はなんでこんなに安いんですか?」

聞いてみると実際にはワクチン代やら保険代やら…合わせるとそれなりの額を
支払わなければならないことがわかった。

えーー、3万じゃないの?
またまた二人の心に疑問がよぎった。


でも結局。
日曜日に迎えに来ます、と前金を払って契約してしまった。




犬猫の名前は呼びやすいものが一番、ということで
タロウ、と名付けた。

19歳のミミと10歳のデブ、2匹の猫との共同生活、どうなるだろうとドキドキした。


やはり2匹とももう年寄りなので、思ったほど大騒ぎはしなかったけれど、
デブは2日間、ベランダに出たきりで、ほとんど室内に入らなかった。
タロウは部屋ではとりあえず、旅行用のケージに入れてはいるけれど、
うっかりタロウに口をつけられたご飯にデブは口をつけようとせず、
ちょっと食欲が落ちた。
放置しといたら諦めて食べ出したけど、w
そうそう、デブちゃんあんた、ちょっとくらい痩せても全然大丈夫だから、w


そして新しい「敵」が来たことによって、不思議なことに、
犬猿の仲だった二匹の関係がすこーし近づいてたりして、w
そんな気はしていたけれど。
「相関関係」。おもしろいね。


ケージから出すとタロウはおおはしゃぎで走り回っていた。
何度もうれしょんをした。


動物も人間もある程度の距離を保ちたい私。
だから猫の方が好きで楽で、飼うのはいつも猫。

今まで何匹も飼ってきた猫たちもほとんどが大きめの状態から飼い出したので
そんなに手がかかることはなかった。
今の2匹は比較的小さくて、特にミミだけは手のひらサイズから
ミルクを飲ませながら育てたけど、
基本的にめんどくさがり、自由人なので手のかかる相手の面倒を見るのは苦手。
厳しくしつけるのも苦手だし。
でも犬ってちゃんとしつけないとダメって言うよね…

元気で走り回り、アタックしまくってくるタロウに
正直初めは
うわー、やっちゃったかも。
ほんまに飼ってよかったんかな。
と、若干の後悔。
なんか、猫たちみたいにものすごーくかわいいと思えなかった。


でも2日目にもなると、犬はやっぱり猫と違って賢いなってことがわかった。
朝昼晩以外ずっとケージに入れてると、
ちゃんと散歩に出した時だけうんことおしっこをして、
あとはほとんどしなかった。

多分タロウはもう5ヶ月で、売れる時期を過ぎていたから値段も下がっていたのだろうし、
実際ちっさいコロコロした柴はほんとにかわいいと思うけど、
意思疎通が難しい「赤ちゃん」という存在が基本苦手な私にとっては
このくらいおっきくなっていてくれてほんとに助かった。

落ちついてくるとお腹をぐわーっと出して気持ちよさそうに寝ていたり、
あの、最初にやられてしまったときのおとなしい上目づかいもするようになったりで、
純粋にこいつ、かわいいなと思えるようになってきた。



昨日、友達が来た時、彼女に向かって吠えて、
うわ、タロウ番犬なんだ!と気づいた。
でもそれって私とダンナのことはちゃんと飼い主ってわかってるんだ、ってわかって、
そうするとなんかますますかわいく思えるようになった。

もうおすわりもだいぶできるようになった。
次はお手だな。

ダンナも言ってたけど、タロウを連れて外に出ると、
みんながかわいいかわいいと視線を向けてくれる。
なんか得意げな気分。


犬と比べてとっても申し訳ないけれど、
もし、私が赤ちゃんを産んだとしたら、
同じような感覚なのかもしれないなと思った。

もしかしたら10か月の間に母親としての気持ちがすでに
育つのかもしれないけれど、
基本的に自由で自分勝手に生きたい私にとって、
赤ちゃん=自分の自由を奪う存在は
きっとわずらわしく思うところが大きいだろう。
絶対に思っちゃいけないと思うけれど、
(そう思うから産みたくないのだけど)
なんで産んじゃったんだろう、と後悔するかもしれない。

だけど、無邪気に眠る姿とか、こんなにちっさくてなにもわかってないように見えるのに
自分のことを親として認識してくれることとか、
小さな成長を見つけることとか
周りの人からも祝福されることとか。
そういう経験をして「母親」になっていくのかもしれない。

ほんと、犬と一緒にするな、と怒られそうだけど、
自分としては疑似体験した気がします。

1週間たって、だいぶ3匹の関係も落ち着いてきた。
ミミが珍しく布団の上で寝ていたり、
デブのかごに入ってみたり、
二匹のニアミスが結構多くなっていたり。
今はもう3匹ともお昼寝タイム、w
私も眠い…


夜は夜で私以外の3匹+1人がすやすや、w。
あ、朝はデブに早く起こされた後それに反応したタロウに本起こしされるので
さすがに私もちょっと早起きに。
ダンナはさらに睡眠不足でかわいそう…
でもタロウをかわいがるダンナの姿を見て、
やはりこの人を選んで間違いなかったと(そういうとこがいいなと思ったのでw)
ダンナへの愛情も深めております。

狭い狭い1DKに犬1匹+猫2匹+人間2人ってどんだけ密度濃いねん!
って感じですが、その分愛情も深く、楽しく生活していこうと思います。
あとは番犬もありがたいけど、それ以上に看板犬として
子どもたちやお客さんや近所の人にもかわいがってもらえるワンコに成長してもらえたらなと
祈ってます♪
頼むで、タロウ!

拍手[2回]

PR
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/24 金森]
[04/02 moisa]
[04/02 中嶋 慶太]
[11/07 花蓮]
[07/15 moisa]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
HARI salon & studio MOISA
性別:
女性
職業:
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師
趣味:
食べる、波乗り、猫、クラブ、ヨガ、バレエ、ダンス、スポーツ観戦(プロレス、フィギュア、柔道)
自己紹介:
HARI salon & studio MOISA
香川県高松市桜町1-16-19
 080-1993-2113
 11:00~25:00
 (完全予約制、~17:00は要前日予約、電話受付は~23:00)
 第1・3土曜、日曜、祝日定休
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Designed by